ひらい小児科クリニック


ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

   ようこそ当院のホームページ へ

ひらい小児科クリニック
三重県伊賀市西明寺2785-8
院長 平井誠一
Tel:0595-21-3101

E-mail : hiraijpnet@nifty.com

院長エッセイ  言語生活2018、フレイル、ハゲタカジャーナル 
インフルエンザA型が流行しています。胃腸炎の方も多いです。お子さんの調子はいかがですか。
診療案内 & 外来情報
診療時間
午前診療 9:00〜12:00
健診・
予防接種
13:30〜15:00 / /
午後診療 15:00〜18:00 / / /
  ○受付来院順
療科目::  小児科一般、アレルギー科、内科、皮膚科

:
* お知らせ:火曜日午後は休診となります。
  (なお、月曜日休日の場合は火曜日午後の診察はあります。)



薬について:院内処方であり、診察のあと、薬もお渡ししています。
なお、院外処方ご希望の方には処方箋を発行いたします。
当院では、希望により、どちらでも対応できるようにしています。


治療方針
基本に忠実な診療に心がけています。
入院及び精密検査の必要な時は、速やかに、 市内の総合病院や国立病院小児科、大学病 院に紹介し、
精査や入院治療をお願いします。
また、希望される、全国の有名病院へも紹介させていただきます。


2月の出務: 2月 14日  伊賀市応急診療所小児科
        2月 19日  伊賀市1歳6ヶ月健診
        2月 28日 伊賀市応急診療所小児科
 
       
* スキンケアの注意点

 
乳児の肌は、大人に比べ水分や皮脂の量が少ないためにカサカサ皮膚になりやすい。乾燥する冬季は特に保湿が必要です。
また、新生児の頃から保湿を心がけていた赤ちゃんは、アトピー性皮膚炎の発症リスクが下がったとの報告もあり、日頃より意識的に保湿してあげることが大事と言えます。
 外来でも、保湿の認識が高まってきていますが、残念なことに、湿疹病変をそのままにしての保湿処置を行っている方が少なくありません。湿疹病変には指示された治療用軟膏を十分に使用して、正常皮膚に戻すことが先決で、その後に、保湿を行い、その正常化した皮膚を長くしっとり維持するように努めます。これが大切です。 

*ゾフルーザとは、


 新しいインフルエンザ治療薬で、これまでの薬とは作用機序が異なり、日本で開発された薬です。タミフルは、1日2回、5日間の服用ですが、ゾフルーザは1回の内服で完結し、利便で飲み忘れも無くなります。用量は体重により異なり、小児では10s以上で錠剤が服用できれば処方できます。顆粒製剤もありますが、20s以上での適応です。
効果は、タミフルやイナビルと同等以上とのことで、副反応も特に多いということはないようです。薬価は、1回吸入のイナビルより1割ほど高くなっています。
 インフルエンザに優れた薬を使用できるようになりましたが、ワクチンを含めた予防が大切であることに変わりはありません。

*生理的O脚とは

 
10ヶ月健診などで、O脚が心配との訴えもよくあります。O脚とは、両足をそろえたとき,両膝が離れて O の字のように外側に曲がった脚をいいます。胎児は子宮内で下肢を丸めた状態であるため、新生児は殆どがO脚であり、1歳頃でもO脚が残存していることが多いのですが、その後自然と改善してきて、4〜5歳ころには、まっすぐな下肢になるのが正常のパターンです。ですから、10ヶ月や1歳児のO脚は生理的O脚と呼ばれる、心配のいらないものがほとんどです。
 まれには、見逃してはいけない病的なO脚もあります。1.程度の強い、2.左右の膝の形が異なる、3.低身長を伴う、このようなときには専門医受診が必要となります。
     
*プロアクティブ療法とは
 
 
アトピー性皮膚炎治療の基本は、ステロイド外用薬などを用いて、炎症性の湿疹部分を正常化させて、その良い皮膚状態を保湿剤等で長く維持することにあります。
しかし、ステロイド外用薬により一見よくなった皮膚でも、バリア機能低下や炎症が残っていることが多く、この時点で、ステロイド軟膏処置をやめれば、すぐに再燃悪化します。再燃を繰り返す方に対し、皮膚症状が改善しても、保湿剤スキンケアに加えて、週に1〜2回、定期的、予防的にステロイド外用薬を塗り、再燃を防ぎ、長く寛解維持を目指すのが、「プロアクティブ療法」です。これは、保湿剤のみの長期寛解維持につながる、優れた方法で、治療ガイドラインにも記載されています。
 
 
*生理的O脚について

 
10ヶ月健診などで、O脚が心配との訴えもよくあります。O脚とは、両足をそろえたとき,両膝が離れて O の字のように外側に曲がった脚をいいます。胎児は子宮内で下肢を丸めた状態であるため、新生児は殆どがO脚であり、1歳頃でもO脚が残存していることが多いのですが、その後自然と改善してきて、4〜5歳ころには、まっすぐな下肢になるのが正常のパターンです。ですから、10ヶ月や1歳児のO脚は生理的O脚と呼ばれる、心配のいらないものがほとんどです。
  まれには、見逃してはいけない病的なO脚もあります。1.程度の強い、2.左右の膝の形が異なる、3.低身長を伴う、このようなときには専門医受診が必要となります。

*おたふく難聴について
 
 
おたふくかぜの合併症として難聴があり、ムンプス難聴と呼ばれています。それは、意外に多く、千人に一人位の頻度です。一度難聴となれば、回復することなく、補聴器により聴力を高める事も出来ません。
ムンプス難聴の予防は、ムンプス(おたふくかぜ)に罹らないことであり、ワクチンによる予防が大切です。現在、ムンプスワクチンは任意接種ですが、伊賀市の場合、1歳から4歳未満で1回2500円の助成があります。未接種の子供が多く、いまだに、おたふくかぜの流行があります。その一定割合でムンプス難聴が新たに発症しているのです。
ムンプスワクチン接種を強く勧めます。

*子どもと汗

 
子どもは、小さいのに大人と同数の汗腺があり、たくさん汗をかきます。びっしょり頭の発汗は、大切な脳を冷やすための機能とも言えます。汗は、体温調節をし、皮膚の水分量を保ち、潤いを与え、皮膚を保護する、有用なものです。
発汗後、そのままにしておくと、不潔になり、あせも、かぶれ、二次感染を起こしてトビヒにもなります。以前、アトピー児は汗が皮膚症状を悪化させるため、汗をかかせない指導もありましたが、汗をかかせないのではなく、発汗後の対処が重要なのです。お湯で固く絞ったタオルで拭き、その後乾いたタオルで乾燥させる事や、下着交換、入浴、シャワーなどで皮膚を清潔に保つことが大切です。

*水イボとプール

 水イボは、ポックス属のウイルスよる皮膚感染症で、体のどこにもでき、イボ以外の症状はほとんどありません。接触感染ですが、水イボに直接触れなくても、水イボに触れたタオルや衣服、ビート板や浮き輪を介して感染し広がります。プールの水ではうつらずプールに入っても構いませんが、タオルや水着、ビート板や浮き輪の共用を禁止し、プールの後はシャワーで肌を洗い流すなどの配慮が必要です。
 水イボは、自然にも治っていきますが、時間もかかり、周囲への感染源でもあり、治療を勧められることが多い。治療にはいくつかの方法があります。治療するかどうかも含め主治医と相談して下さい。


*経口免疫と経皮感作
 
 以前は、食物アレルギーの原因となりやすい食物は乳児期の摂取は避けるべきとされていましたが、経口免疫療法(原因物質を経口摂取することで耐性獲得を目指す治療法)の研究で、現在では、摂取時期を遅らせても食物アレルギーの発症予防とはならず、 むしろ、アレルギーの原因になりやすい食物は乳児期早期から食べ始めた方がアレルギーの発症予防につながる(経口免疫寛容)、との説が有力です。
また、湿疹によりバリア機能が障害されると、皮膚を介した食物アレルゲンの感作(経皮感作)が成立し、食物アレルギーの発症や悪化をもたらします。食物アレルギーの観点からも乳児の湿疹治療はとても重要です。


*タミフルについて
 

 インフルエンザは普通のかぜと違い、肺炎や中耳炎などを合併し易く、まれにインフルエンザ脳症も引き起こします。
インフルエンザ治療薬タミフルは効果に優れ、外来治療を一変させました。しかし、1歳未満への使用は保険の対象外で、一般外来では使用できない状況でした。
 昨年の11月、タミフルドライシロップの新生児と乳児への用法用量が追加され、今シーズンは、生後から1歳未満のインフルエンザ児に対しても、タミフルの保険使用が可能となりました。副反応は、1歳未満であっても幼児と変わらないようです。必ず使用するということではありませんが、処方可能となったことは進歩です。


*熱性痙攣とダイアップ座薬


 近頃、ガイドラインの変更もあり、熱性痙攣予防のダイアップ使用基準も変わってきました。発達正常な1歳以上の幼児で、15分以内の単純型熱性痙攣では、ダイアップを使用せず対応することになってきています。ダイアップの使用は減ると予想されます。
ダイアップ座薬使用の適応は、@非典型的発作(15分以上持続、短時間に反復、部分発作など)A発作が2回以上で家族歴がある時(両親・兄弟の熱性けいれん・てんかん既往)B熱性けいれん発症前からの神経学的異常・発達遅滞の存在、などとなります。
熱が出るたびにハラハラドキドキしなくてはなりませんが、主治医の指示のもと、慌てず対処して下さい。
        
     
* 蚊に刺され,腫れてきた!!

 赤ちゃんは体温が高く汗をかきやすいので、蚊にもよく刺されます。蚊は血を吸う時に唾液を注入し、その皮膚に入った唾液がアレルギー性の皮膚炎を起こします。刺された直後にかゆみや発赤を生じる即時型反応と、1〜2日後に起きる遅延型反応があります。
 赤ちゃん子供は延滞型反応を起こすケースが多く、ステロイドの入った塗り薬で炎症を鎮めるのがよいでしょう。かきこわして細菌感染すると化膿し、トビヒとなり大変です。早めの軟膏処置が大切です。
 蚊に刺されない対策が重要で、汗をかかないようにし、外出の際は、服装も蚊の好む黒色を避け、皮膚の露出を少なくしましょう。虫よけスプレーも効果的です。

*伊賀市予防接種費用の助成について

 伊賀市では、この4月より、乳幼児の任意予防接種費用助成が行われています。B型肝炎、おたふくかぜ、ロタウイルスの3種類で、ほぼ半額の助成です。
B型肝炎ワクチンは、1歳未満で、3回接種。おたふくかぜは1歳以上4歳未満で1回、ロタワクチンは、2種類あり、ロタリックスの場合は、生後6週以上24週未満で2回、ロタテックは生後6週以上32週未満で3回です。
生後2か月から、ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタワクチンを接種します。その4週後には4種混合ワクチンも加わります。
ワクチンの種類や回数も多く複雑です。小児科でよく相談し計画的に進めてください。

                                                            
*ヨクイニン錠について:
 
ヨクイニンとは、ハトムギの種子のことで、その種皮を取り除いてエキスを抽出し錠剤にしたものがヨクイニン錠です。古来より漢方の要薬とされ、イボに用いて効きめがあり、肌をきれいにするといわれています。
 医薬品として保険適応される疾患は、ヒトパピローマウイルによる青年性扁平疣贅、尋常性疣贅のみです。ヨクイニンが効く作用機序は不明ですが、原因ウィルス排除の免疫系に関わっていると思われます。保険適用となっていませんが、伝染性軟属腫ウィルスによる伝染性軟属腫(水イボ)にも効果があります。
 副作用は発疹、胃部不快感、等の記載がありますが極めて稀です。

*B型肝炎ワクチンについて

 今年10月からB型肝炎ワクチンも定期接種となります。原則無料で、対象は今年4月以降に生まれる0歳児で、生後2、3、7〜8カ月の3回接種が標準です。
B型肝炎ウイルスは、唾液、汗、涙などの体液からも感染し、日常生活の中で、赤ちゃんへの感染も少なくありません。保育園での集団感染事例もありました。B型肝炎ウイルスは伝染力が強く、3歳未満の乳幼児が感染するとキャリア化しやすい。将来の肝硬変や肝癌予防のためにも、B型肝炎ワクチンは有効で、安全性も高いワクチンです。
生後2ヶ月からは、多くのワクチンを受けなければなりません。主治医と相談しながら、計画を立て、しっかり受けましょう。
(HBs抗原陽性の母親から生まれた乳児に対しては以前より公費となっています。)

*柴朴湯について
 柴朴湯(サイボクトウ)は、10種類の生薬からなり、炎症を鎮めるサイコ・オウゴン、胸のつかえや吐き気・咳を鎮め、気分を落ち着かせるハンゲ・コウボク、水分循環を良くするブクリョウ、滋養強壮効果のあるニンジンなどが配合されています。
つまり、免疫反応を調整し、炎症をやわらげる働きがあり、咳を鎮め、高ぶる神経を安定させて、心と体の状態をよくします。
小児でもよく使用されます。喘息や気管支炎、気道過敏のある咳の多い方や、神経質で不安の強い子供にも使います。
 漢方は飲みにくい印象ですが、それほど飲みにくいことはありません。副反応は、稀ですが、時に報告されています..


*
ヘディングの害について

 米サッカー協会は、10歳以下の子どものヘディングを禁止し、11〜13歳では練習中のヘディングの回数に制限を設けると発表しました。これまでも頭蓋骨へのショックは脳損傷をもたらす恐れありと警告されていました。子供は頸部周辺の筋肉の発育が不十分で、ヘディングのショックには弱いのです。
指導者により、ヘディング禁止やヘッドギアをつけての練習としているところもあるようです。伊賀地区では、子供のヘディング脳対策はどのようになされているのでしょうか。日本サッカー協会も医学的見地に基づいた見解を明らかにし、指導を徹底してもらいたいものです。

*麻黄湯について
 インフルエンザのシーズンとなりました。インフルエンザ治療には、タミフル内服やイナビル吸入などが用いられますが、漢方薬でインフルエンザに効能効果が認められているのが麻黄湯です。発熱期間の短縮はタミフルにも匹敵し、また作用点は、抗インフルエンザ薬とは異なり、タミフルなどが使いにくいときにも用いられます。
注意点として、麻黄湯は、虚弱な方や体力が落ちているときなどには不向きで、十分に体力のある方に勧められる漢方薬です。また、麻黄湯の主薬である麻黄にはエフェドリンが含まれていて、交感神経刺激作用があり、高血圧、虚血性心疾患、緑内障、前立腺肥大症を有する方には注意が必要です。



*授乳中の母親の食事制限について

 食物アレルギーの乳児を持つ授乳中の母親から、母親自身もその食品を除去しているが、それでよいのかと、よく質問されます。母親が卵を摂取すれば、極めて微量の卵白構成タンパク質が母乳中に分泌されますが、実際には、母親の食事制限の必要ない例がほとんどです。稀ですが、重度のアトピー児で、母親が卵・牛乳等を摂取してから授乳すると、赤ちゃんの顔が赤くなる・蕁麻疹・下痢・嘔吐・喘鳴等の症状がある場合には、母親の食事を制限します。
 また、今では、妊娠中、及び授乳期に母親が食事制限をしても、アレルギー発症予防にはならない、とする意見が大部分です。


*幼児の食習慣について
 幼児期は食習慣の基礎となります。毎日のことで、その対応は大変ではありますが、ゆとりをもって根気よく向かい合うことが大切です。楽しい場面で食べたものは好きな食べ物になってきます。また、親の食習慣は子供に影響し、偏りがあればその見直しも必要となるでしょう。
子どもが初めて口にするもの、固いもの、臭いの強いもの、にがいものなどは、子どもは嫌いとの意志を示しますが、嫌いなものと決めつけず、時期をみて無理強いせずに、また与え下さい。そして、生野菜は茹でたり、細かく刻んだり、ピーマン等の臭みのある物は一度湯通ししてから与えるなど、一手間かけた工夫も必要となるでしょう。

ワクチン情報
*子宮頸がんワクチン:積極勧奨見合わせについて
副作用の頻度は少ないものの、原因不明の慢性的な痛みを訴える例が複数報告されていることを重視し、国民にリスクをわかりやすく説明する情報を整理するまでの暫定措置として、厚生労働省は、「積極的な勧奨を一時的に差し控える」と発表しました。
なお、中止ではありませんので、接種を希望される方は定期予防接種(無料)として受けることができます。
              
*
ロタウイルスワクチンについて:
  生ワクチン 
  経口ワクチン
  任意接種

 現在、2種類のワクチンが使用可能です。 
  1.
ロタリックス(1価ワクチン):4週間隔で2回接種します。
    遅くとも生後20週(140日)までに1回目、
    生後24週(168日)までに接種を完了します。
   
  2.
ロタテック(5価ワクチン):4週間隔で3回接種します。
    遅くとも生後24週(168日)までに1回目、
    そして3回目は生後32週(224日)までに接種を完了します。

  *ロタリックス(1価ワクチン)もロタテック(5価ワクチン)も、
   生後6週から接種をはじめることができます。
   通常、初回接種は生後2か月になってからすぐに、ヒブ・小児用肺炎球菌・との同時接種がおすすめです。

  *ロタウイルスワクチンは、ロタリックスもロタテックも生ワクチンであり、
   4週以上あけて次のワクチンを受けて下さい。

  *WHO(世界保健機関)は2009年6月に、ロタウイルスワクチンを子どもの最重要ワクチンの一つに指定しました