病気ミニコラム
1 感冒後の頑固な咳
2 仮性クループとは
3 乳幼児のインフルエンザワクチン
4 MRワクチンについて
5 ポリオワクチンは必要ですか
6 スギ花粉症
7 非ステロイド軟膏
8 トビヒが治りません。
9 食物依存性運動誘発アナフィラキシー
10 アトピー性皮膚炎と水泳
11 水痘(水ぼうそう)
12 喘息治療に重要な長期管理薬
13 秋の花粉症
14 プール熱(咽頭結膜熱)
15 スギ花粉症
16 ヘルペス性歯肉口内炎
17 しもやけ
18 感冒後の頑固な咳
19 高齢者のインフルエンザ
20 秋にも多い喘息発作
21 インフルエンザワクチンについて
22 ペットアレルギー
23 オタフク難聴
24 アトピーと食事制限
25 皮膚掻痒症と保湿剤
1 感冒後の頑固な咳
感冒で熱も下がり、諸症状も改善し気分もよくなったのに、頑固な咳が続き悩む子供も、大人 も多い。ひどい咳は寝入りや、明け方に多く、眠られず、嘔吐も伴い、それはつらい。感冒後の頑固な咳は、ウイルスなどにより生じた気道炎症が長引き、いろんな刺激に過敏になっているためです。また、アレルギー体質の人は、気道過敏が一層強調されます。通常の咳薬では、効果のないことが多い。気道の炎症を鎮める、新しい吸入薬などを使った抗炎症治療が必要となります。
なお、咳が持続するときは、その他、マイコプラズマ肺炎や百日咳、結核、異物残留などの事もあります.
2 仮性クループとは
風邪として診ていても、ヒューヒューと音がし、ケーンケーンと犬の遠吠えのような苦しい咳き込みが出れば仮性クループが疑われます。ウイルス感染により声帯に近い喉頭部に炎症・浮腫をきたし呼吸困難をもたらす緊急事態です。パラインフルエンザウイルスが一番多く、冬の乳幼児にしばしば見られます。
 この特有の咳があり、首の下や胸がへこむ苦しそうな呼吸であれば早急に病院受診してください。夜間に急変することも多いです。
 処方された薬は必ず服用し、家庭では水分を十分与え、部屋を暖かくし、加湿器などを使います。
3 乳幼児のインフルエンザワクチン

ワクチンを受けても罹る事があり、受けるべきかどうか迷われると思います。高齢者と同様に、6ヵ月から24ヵ月未満の乳幼児もインフルエンザの重症化率が高いと報告されています。ワクチン接種による予防が望ましいと考えられ、米国などでも接種を勧めています。

当院では生後6ヶ月以上で希望者には接種しています。卵アレルギーが問題となりますが、高純度に精製されており、卵の入ったお菓子を食べて症状がでないなら接種できます。ワクチンの効果は、来シーズンまでは持続せず、毎年接種が必要です。12月上旬までに済ませて流行に備えましょう。

4 MRワクチンについて
MRワクチンは、麻疹と風疹の混合ワクチンで、麻疹、風疹が一度の接種で済みます。安全性も特に問題ありません。
麻疹、風疹の予防接種制度が変わります。現行では生後12ヶ月から90ヶ月までに麻疹、風疹を各々1回だけ接種していましたが、来春4月よりMRワクチンを用いてT期とU期の2回接種し、より確実な免疫獲得を目指します。T期は生後12ヶ月から24ヶ月に至るまで。U5歳以上7歳未満で、小学校就学の1年前から、就学する前日までです。
制度の移行期にあたり、いくつか判断の必要な事例も予想されますが、接種医とよく相談して確実に進めてください。
5 ポリオワクチンは必要ですか
ポリオはかつて小児マヒと呼ばれていました。発病すれば高い確率で死亡、あるいは運動麻痺を残します。このウイルスは感染者の排泄物を介して経口感染します。日本では1981年以来ありませんが、アフリカやインド大陸では発生しています。

伊賀市では、5月6月と9月10月がポリオワクチンの接種期間です。個別接種となりましたので、各自医療機関で予約して受けてください。なお、名張市は4月5月と9月10月です。

発熱も下痢もなく、元気な時を選び、生後3か月から90か月までの間に必ず2回受けてください。ポリオワクチンは公費負担となっています
6 スギ花粉症

クシャミ、鼻水,目のかゆみ、嫌なスギ花粉症の季節です。今年の飛散は特に多いようです。対策の基本は、花粉との接触を断つことで、晴れて風のある日は外出を控え、外出時にはマスクやメガネをつけます。また掃除の時以外は窓を閉め、洗濯物も外に干さないほうがよいです。

治療も大切です。アレルギー予防薬、抗ヒスタミン剤、漢方薬、点眼、点鼻薬を用います。眠気の少ない内服薬もあります。また刺激少なく長時間効果のある点鼻薬も開発されました。花粉飛散増加のおよそ2週前から抗アレルギー薬を内服する初期治療は効果があります。すっきり晴れやかな春を満喫する事は可能です。

7 非ステロイド軟膏

問い:非ステロイド軟膏で赤ちゃんの顔の症状が悪化しました。

答え:非ステロイド軟膏はステロイド軟膏に較べ長期の副作用が少ないと言うことでよく使用されてきました。しかし、質問者のように乳児の顔湿疹に使用してかえって悪化する例も少なくありません。最近の医学情報では炎症部位への非ステロイド軟膏の使用は不適当とされています。また軟膏使用で非ステロイド成分に過敏になることもあり、以前ほど使われなくなりました。

 非ステロイド軟膏は安全と思い、だらだら使用するのはよくありません。軟膏使用によっても症状改善のない場合は早めに受診してください。

8 トビヒが治りません。
夏はトビヒが多く、軟膏を塗っているのに広がってきたとよく来院されます。トビヒは、ブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が、虫さされ、引っ掻き傷などから入り起こります。これらの原因細菌が軟膏に含まれる抗生物質に耐性を持つと、軟膏をいくら塗っても治りません。以前よく効いた薬も、効かなくなるのです。有効な別の抗生物質軟膏を使わなくてはなりません。多くは軟膏だけでは不十分で、同時に有効な抗生物質の内服も必要となります。
最初に適切な治療により、トビヒを早くしっかり治す事が耐性菌を作らないためにも、本人のためにも必要な事です。
9 食物依存性運動誘発アナフィラキシー
問い:普段は健康な小学生ですが、食後に運動すると、じんま疹や喘鳴が出て心配です。
答え;これは、「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」と呼ばれる病気です。パンやそば、カニ・海老などを食べ、2〜3時間以内に運動すると、蕁麻疹、気分不良、時に血圧の低下等の重大なアレルギー症状を起こします。同じものを食べても運動しないと症状が出ないのが特徴です。給食を食べた後に運動して体が痒くなるといった訴えを見逃さないようにしてください。
この病気の子どもは「食後は運動しない。」「原因物質を食べない。」「運動中に熱感、かゆみ、紅斑などの初期症状を認めた時は直ちに運動を中止する。」と言った対応が必要です。
10 アトピー性皮膚炎と水泳
プールの季節となりました。アトピー性皮膚炎の子供は、プール終了後のシャワーをよくかぶり、皮膚についた消毒液などを洗い流すことが必要です。そして帰宅後はすぐ入浴し、入浴後の保湿剤による皮膚の手入れがとりわけ大切です。それでも刺激が強く、翌日皮膚症状が悪化するようならプールは中止ですが、そのような例はきわめてまれです。
海水浴については、強い炎症がない限り問題ありません。機序は明らかでありませんが、むしろ海水浴の後に皮膚症状が良くなる例が多い。アトピー児に海水浴をお勧めします。
11 水痘(水ぼうそう)
今,水ぼうそうが流行っています。水痘ウイルスの感染によるもので、感染力はかなり強く、潜伏期間は2〜3週間です。
これまで罹っていなかった親が子供からうつることも少なくありません。大人になってから罹ると、高熱をともない、重くなります。
水痘は一度かかると、免疫ができ二度かかりません。水痘ワクチンがあり、接種により、かからないか、かかっても極めて軽くすみます。接種年齢は1才からの個別任意接種です。最近では、罹ってからでもよい治療薬があり、軽く早く治ります。水疱が全部かさぶたとなれば登校できます。
水痘とお風呂に関しては、当院では、発熱なく元気であれば、水疱疹が多い時でも、入浴を勧めています。入浴により病状悪化することはありませんし、むしろ細菌二次感染を防ぎ有用です。
12 .喘息治療に重要な長期管理薬
喘息発作の多い季節となりました。発作が起これば、適切な発作時の治療が必要で、早く収縮した気道を拡げる必要があります。
もう一つ大切なのが、気管支の正常化を目指す長期管理薬(予防薬)治療です。世界の喘息治療ガイドラインでも強調されています。実際、吸入ステロイドや抗ロイコトリエン内服薬などの長期管理薬を続ければ効果は絶大で、発作回数もずっと少なくなるし、発作程度も軽くなります。私も外来でこの優れた効果を実感し、薦めています。
続けよう喘息の長期管理薬(予防薬)
13 秋の花粉症
花粉症は春のスギ花粉症が代表的ですが、秋にも花粉症があります。
ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギなどの雑草や、イネ、ススキ、ギョウギシバなどのイネ科の花粉が原因となり、8月の中頃から飛び始め、10月下旬頃まで続きます。
これらの花粉は、天気のよい日には早朝から午前中に飛びます。秋の花粉症の人は好天の日は、なるべく午前中の外出を避けるようにしましょう。
症状はスギ花粉症とほとんど差はありません。治療も同様で、抗アレルギー剤を中心に症状に応じて行われます。 
14 プール熱(咽頭結膜熱)
プール熱が流行っています。アデノウィルス(主に3型)による夏カゼの一つです。発熱・咽頭炎・急性結膜炎を特徴とします。プールでうつりやすいので「プ−ル熱」とも呼ばれます。夏から初秋に流行があり、潜伏期間は5〜6日。幼児や学童に多く、伝染力強く、39~40℃の高熱が3〜7日続きます。
治療は特別なものは無く、高熱には解熱剤、結膜炎に点眼薬が使われます。高熱のため体力を消耗します。食事はのど越しよく食べやすいものとし、水分摂取に心掛けて下さい。
家ではタオルや洗面用具などの共用を避け、手もよく洗いましょう。本症は、主要な症状が消えた後2日を経過するまで出席停止です。 
15 スギ花粉症
クシャミ、鼻水,目のかゆみ、嫌なスギ花粉症の季節です。最近では子供にも多く見られ、今年はスギ花粉の飛散は多いとの予測です。対策の基本は、花粉との接触を断つことで、晴れて風のある日は外出を控え、外出時にはマスクやメガネをつけます。また掃除の時以外は窓を閉め、洗濯物も外に干さないほうがよいでしょう。

治療も大切です。アレルギー予防薬、抗ヒスタミン剤、点眼、点鼻薬を用います。眠気の少ない効果ある薬も開発されました。花粉飛散増加のおよそ2週前からの抗アレルギー薬内服は有効です。症状程度に応じた薬物治療を行いましょう。すっきり晴れやかな春を満喫する事は可能です。
16 ヘルペス性歯肉口内炎
子供にもヘルペス感染症はよくあります。
乳幼児に多いのが、その初感染である急性ヘルペス性歯肉口内炎です。高熱で発症し、機嫌悪く、病初期にはかぜや、他の咽頭炎となかなか区別つきません。やがて口腔内に小水疱,びらんが多数出現し、歯肉が腫れてきます。哺乳力や食欲が極度の落ちます。
また、指吸いから指にも水疱病変がうつることもあります。今では、ヘルペスに効く薬があり、速やかに服用すれば比較的軽く治ります。しかし、初感染治癒後も、ヘルペスウイルスは神経細胞内に潜伏し続けます。発熱時や、体調不良の時などに再発し、口唇ヘルペスなどを生じます。
17 しもやけ
今は冬。晩秋から春にかけて、しもやけの子供もよく見ます。汗をかき湿ったままの靴下や、ぬれた手袋のまま、冷たい所にいると気化熱の作用で凍傷を生じやすくなります。しもやけになりやすい体質もあるようです。
予防には、乾燥と保温が原則です。靴下も吸湿性のよい綿の厚めの物がよく、汗で湿ったなら、こまめに履き替えてください。室内でも室内履きか、滑り止めのついたブーツような靴下を重ねて履くとよいでしょう。
治療は、入浴時に患部をゆっくりマッサージして末梢循環改善をはかります。さらに、抗ヒスタミン剤内服で痒みを抑え、血行促進作用のある軟膏で炎症を鎮めます。
18 感冒後の頑固な咳
感冒で熱も下がり、諸症状も改善し気分もよくなったのに、頑固な咳が続き悩む子供も、大人も多い。ひどい咳は寝入りや、明け方に多く、眠られず、嘔吐も伴い、それはつらい。
感冒後の頑固な咳は、ウイルスなどにより生じた気道炎症が長引き、いろんな刺激に過敏になっているためです。また、アレルギー体質の人は、気道過敏が一層強調されます。
通常の咳薬では、効果のないことが多い。気道の炎症を鎮める、新しい吸入薬などを使った抗炎症治療が必要となります。
なお、咳が持続するときは、その他、マイコプラズマ肺炎や百日咳、結核、異物残留などの事もあります。
19 高齢者のインフルエンザ
インフルエンザの季節です。規模はいろいろですが毎年流行します。高齢者はインフルエンザに罹ると気管支炎、肺炎などを併発し  死亡率も高くなります。
米国疾病管理センターの有名な報告があります。ワクチンを受けていない1000人がインフルエンザで亡くなった場合、全員ワクチンを受けていたなら、死亡は200人だけで、800人が助かったとの推計です。
今年よりインフルエンザ予防接種を希望する65歳以上の人に、費用の一部が公費負担されます。高齢者は特にインフルエンザワクチンを受けておくべきです。
個別接種です。各自医療機関に予約してください。
20 秋にも多い喘息発作
喘息発作の多い季節となりました。喘息発作は気管が収縮し、ゼーゼーといい、呼吸困難になるのですから、早く収縮した気道を拡げる必要があります。発作に我慢は禁物です。喘息発作時の内服薬も、吸入薬もタイミングが大切です。日頃より主治医からよく説明をうけて理解し、実際に遅れることなく適切な対処が出来るようにしておく必要があります。
また予防の吸入や抗アレルギー薬内服を続け、発作を起こさないようにする事も大切です。
21 インフルエンザワクチンについて
今年もインフルエンザワクチンの季節
となってきました。
ここ数年は毎年流行しており、体の弱い乳幼児や高齢者では、特に注意が必要です。最近の調査ではインフルエンザによる脳炎・脳症あるいはライ症候群で亡くなったり、後遺症を残す事例は小児だけでも日本で毎年200例にのぼると集計されています。
インフルエンザワクチンを接種しても、絶対にインフルエンザにかからないというわけにはいきません。効果は60〜70%程度です。
インフルエンザワクチンを接種しておけば
たとえインフルエンザにかかっても
軽症ですみ、重症にならないことが期待できます。
インフルエンザとワクチンの関係をよくご理解の上、接種を希望される場合には、お早めにご予約ください。
22 ペットアレルギー
ネコや犬に触れたときや、飼っている家に行くだけでもくしゃみが出て、痒く、湿疹が出るペットアレルギーの子供が増えています。
難治性アトピー性皮膚炎にペットアレルギーが関与している例も少なくありません。ペットの体毛、フケ、唾液、尿が原因となりますが、とくに体毛とフケが重要です。ネコのフケは粘着性があり壁や家具、繊維に多く付着します。
ペットアレルギーがあれば、ペットを飼わないのが原則ですが、ペットを放せず飼い続ける場合は、居間や寝室に入れてはいけませんしこまめな掃除が不可欠です。
23 オタフク難聴
オタフクの合併症には、無菌性髄膜炎や睾丸炎が有名ですが、難聴もあります。この難聴はこれまでの定説よりもずっと多く、数百人に一人と言われています。ムンプス難聴は根治的治療はなく回復は困難です。
その唯一の対策予防は、オタフクかぜワクチンを打ち、オタフクに罹らないことです。残念ながら、オタフクかぜワクチンは法律による定期接種に入っておらず任意接種ですが、子供には接種しておきたい有用なワクチンです。
24 アトピー性皮膚炎と食事制限
アトピー性皮膚炎の乳幼児の中で食事制限が必要となるのは一部の患者さんだけです。確実に悪化の原因となっている食物だけを制限するのが原則です。問診やIgERAST検査結果から判断しますが、原因食物のの特定は難しい事もあります。IgERAST検査陽性であっても皮膚症状悪化の見られないものは食事制限の必要ありません。食物による皮膚増悪のない子供の過剰な食事制限は成長や発達の妨げになりますので、避けてください。
25 皮膚そう痒症と保湿剤
冬になると「肌が痒い」「かゆくて眠れない」と訴える人が多くなります。温まると余計に痒くいやなものです。皮膚は乾燥し、ドライスキンと呼ばれる状態になっています。
そこで皮膚の保湿が大切。まず、湿疹があれば湿疹を治し、皮膚の清潔を保った上での毎日の保湿処置が大切です。保湿剤には、高品質ワセリン、尿素含有軟膏(ケラチナミン軟膏等)、ヒルドイドなど多数ありますが、使用感のよい保湿剤を用います。特に入浴、シャワー後の保湿剤の使用が効果的です。軽微な皮膚炎は保湿剤のみで改善することも少なくありません。
なお、皮膚のかゆみは糖尿病や慢性の肝臓病・腎臓病などが原因で起こる事もあります。