言語生活2018
           =フレイル、ハゲタカジャーナル=
                         伊賀 平井誠一
 日経メディカル7月号表紙。
「フレイル高齢者の上手な診かた」と大きく書かれてあった。フレイルとはなんだ、と、あせってしまう。小児科とはいえ、外来診療の現役であるのに、医療情報誌の表紙の単語が解らない。気づかぬ情報遮断の状態であったのかと複雑な思いだ。

 さっそく調べた。フレイルとは、海外の老年医学の分野で使用されている「Frailty」に対する日本語訳であり、その経緯は、日老医誌(2014;51:497~501)に「フレイルの意義」として載っていた。要約すれば、①Frailty の日本語訳には、「虚弱」が使われてきたが,そのほかに「老衰」「衰弱」「脆弱」が使われ、“加齢伴って不可逆的に老い衰えた状態”との印象を与える。②Frailtyには,しかるべき介入により再び健常な状態に戻るという可逆性が包含されている。③「虚弱」ではFrailty の持つ身体的,精神心理的,社会的側面の多面的ニュアンスを十分に表現できていない。④Frailty の認知度を高め,予防の重要性を広く啓発するため,より適切な日本語訳として「フレイル」とした。

 フレイルは、学会提唱による訳語であり、漢字表記の訳語を創出できなかったのは残念。フレイルは、短縮形をとった和製英語と言える。英語が、日本に入るや短縮されて和製英語として定着した言葉は多い。ホームシック、これはhomesicknessを短縮した形。外にも、deflationをデフレ、accelerator をアクセル、air-conditionerをエアコン、deflationをデフレ、など思いつく。日本的短縮形を受容しやすい素地がありそうだ。

 サルコペニア(sarcopenia)もフレイルとセットのようによく出てくる。これも新しい外来語だが、sarcoma(肉腫)のsarcoとleucopenia(白血球減少)のpeniaの結合のようで初めから意味は大体つかめた。サルコペニアは加齢による骨格筋量の低下と定義され、sarcopeniaの日本語訳。短縮せずとも言いやすいのか、そのままのカタカナ表示である。

 また、ロコモとも略されるロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)もこの頃よく目にする。それは、加齢や運動器疾患により運動器の機能が衰えて要介護や寝たきりになることや、そのリスクの高い状態を指す言葉である。
ロコモティブシンドロームは、フレイルやサルコペニアと異なり、欧米の専門用語の訳語ではなく、日本整形外科学会が、2007年に、新たに提唱した和製英語なのである。この日本発の和製英語の学術用語が、欧米でも認知され実際に広く使用されるか否か、大変興味がある。

 以上、フレイル、サルコペニア、ロコモの新語を見てきたが、正直なところ私は、それらの相互関係や重なりなどが、今一つ理解しきれないでいる。
このように整形外科や高齢者医療関連の新しい和製英語が次々と生まれているが、小児医療領域ではどうだろう。現代用語の基礎知識に載るような、気になる新語は思いつかない。それは、各々の領域に押し寄せる時代潮流の勢いの差なのかもしれない。


 いつものように新聞を読んでいた。
9月3日の毎日新聞に「粗悪学術誌 論文投稿、日本5000本超 業績水増しか」との見出し。ネット専用の学術誌の中で、質が十分に保証されていない粗悪な「ハゲタカジャーナル」が増えており、九州大、東京大、大阪大、新潟大などの有名大学からも各100本以上が確認された、との記事である。

 ハゲタカジャーナルとは初めて聞く言葉で、それは、 predatory journalの訳語。「predatory」とは、生物を捕らえて食う、捕食性の、略奪する、人を食いものにする、ということから、これまで、捕食ジャーナルとも訳されてきた。調べてみると、栗山正光氏が「ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒」との2015年の論文で、predatory journalをハゲタカジャーナルとの訳語を初めて用いた。そのイメージしやすいインパクトのあるネーミングで、ハゲタカジャーナルが定着した。

 近年、私の時代にはなかったオープンアクセスジャーナルは、爆発的な増加と拡大を見せている。それは、読者ではなく論文投稿者が出版費用を負担するため、従来の学術雑誌に比べ制作コストは格段に低く、新規参入も容易で悪質業者も入り込みやすい。オープンアクセスジャーナルを標榜し、論文処理料を得る目的で、まともな査読をせずに学術論文として掲載するハゲタカジャーナルや、登録料さえ払えば誰でも講演できる「国際会議」なるものを開催するハゲタカ出版社が問題となっている。

 この事態を考えるとき、研究者や所属組織が置かれている現状を知る必要がある。研究現場にはPublish or Perish(発表か破滅か)との格言があるという。自分のキャリアを守りたければ論文を発表せよ、とのことで、研究者は論文を書かなければ、評価もされないし、研究費の獲得もできない。さらに業績として質よりも量が問われる傾向にあり、研究者の生存競争は苛烈である。

 富山の裁判を思い出す。富山大学は2005年に10年の任期で登用した教授が基準となる20報の論文を出さなかったとして、2014年末に解雇した。解雇された元教授は論文数でのみ評価するのは不当だと提訴したが、「大学は再任に必要な基準を任期中の論文数と明示していた」との判決理由で敗訴。内容はともかく、10年20報をクリアしていれば、解雇されなかったであろうに。このようなプレッシャーのかかつた先生にハゲタカ出版社からメールが来れば、少なからずの研究者は取り込まれてしまう。

 また、九大教授は新聞記事で、「帰国後の就職時に業績として使えるとしてハゲタカジャーナルへの多数の投稿を希望した留学生もあった」と語っていた。

 理不尽な掲載料請求や空約束で著者を欺く、ジャーナル側の悪事もあるが、一方で、研究成果に自信がない、論文の数さえ増えればよいとの、投稿者の事情からあえてハゲタカジャーナルに投稿する持ちつ持たれつの関係も確かにある。

 今後、業績評価において、粗悪論文や掲載学術誌の質にも注意が向けられ、AIを用いてそれらを検出・排除することができるようになれば、粗悪論文もだんだん無くなっていくと思う。

 10年ほど前に、わが国でも米国の未認定大学が乱発する偽博士号を経歴と記載し、大学職員の採用昇進に用いられていると報道されたが、その後、経歴チェックも厳しくなったのか、問題となっていないようである。

 論文の盗用・剽窃もAIによる検出効率も上がってくる。結局、最後に残り厄介なのは、捏造論文である。この誘惑には、やはり研究者の倫理と矜持をもって踏み留まってもらうしかない。

 「スタップ細胞はあります。」, この誤りの証明までに失われた物、費やされた各種総計はどれ程のもであったかと、しみじみ思う2018年の秋である。
  
                      三重医報 2018年11月号