熱性痙攣
熱性痙攣
麻疹(はしか)
おたふくかぜ
ウイルス性胃腸炎
伝染性膿痂疹
ヘルパンギーナ
溶連菌感染症
小児喘息
気道過敏の子供
10 喘息の吸入療法
12 ステロイド軟こう
13 オムツかぶれ
14 インフルエンザ
15 水ぼうそう
16 小児の肥満
17 子供の頭部外傷
18 指しゃぶり
19 赤ちゃんの頭
20 離乳期の食事
21 突発性発疹症
22 盲腸の事など
23 子供の便秘
24 危険な誤飲
25 過敏性大腸炎
26 心身症

先程インフルエンザで診察したばかりの子供だが、帰宅後すぐにひきつけた。子供は、急に高熱をきたしてよく熱性けいれんもよく起こす。熱性けいれんは生後6ヶ月から5歳位によくみられます。およそ100人に5人の子供が経験し、1度起こした子供の半数は再度起こします。ひきつけやすい遺伝的な要素もあるようです。

発作は全身性のもので、突然体を硬直させ手足をつっぱり、頭を後ろにそらせます。目は一点を凝視し呼吸は苦しそうですが、このため窒息することはありません。大部分は5分以内におきまり、発熱が続いても再度ひきつけることはまれです。後遺症を残すことなく、歩けないとか、筋力低下をきたすことなどもありません。脳波も正常です。

多くの熱性痙攣は、このような良性のもので5〜6歳までに治ってしまう心配のいらないものです。てんかんや他の病気が考えられる、心配すべき熱性痙攣は以下のような、典型を外れた場合です。

@けいれんが二十分以上続く

A1曰に何回も起こす

B体の片方や一部分だけのけいれん

C発達の遅れや神経の病気が在る

D生後6ヶ月迄に、又6歳を過ぎても起こる 

E熱がないのに起こしたことがある

これらの一つで当てはまれば、たとえ1回の痙攣発作でも詳しい検査が必要です。

発作の対応ですが、
1. あわてない:たいていのひきつけは手当をしなくても通常5分以内に止まります。また痙攣そのもので命にかかわることはまずありません。

2. 口の中に割り箸などを入れない:傷をつけたり無理なこじ開けが刺激になります。また動転した親が体を揺りますが、これも刺激となりよくありません。

3. 楽な姿勢で誤飲を防ぐ:安全な場所に移し、衣服を緩め、吐いたものがのどや気管につまらないように横向きに寝かせます。

4. 観察する:時計を見て痙攣発作がどのくらい続いているか確かめ、診察のとき話せるようにします。

5. 熱を下げる:解熱用座薬があれば、指示された量を使う。また、アイスノンや熱さましのゲルつきシートも使ってよい。

6. 病院受診:痙攣が10分以上つづく場合は救急受診が必要です。通常の熱性痙攣なら発作がおさまってから、あるいは翌日診察を受け、脳波検査のことや、痙攣予防の薬に使い方など指示を受けます。

熱性痙攣は、心配ないとはいえ防げるものなら防ぐべきです。繰り返し起こす子供には発熱初期に痙攣予防の薬を使います。発熱に気づくのが遅く予防の薬を使用するまでに、痙攣を起こしてしまうこともありますが、前もって指導しておくとそこは母親、発熱の前兆に気づき適宜の使用でかなりうまく防げます。

「ピーポー、ピーポー」と救急車のサイレンが近づいてくる。いくつになってもこの音には反射的に身構え、緊張するものです。